HOME

繁忙期のサラリーマンの宿泊先にマンスリーマンションを!

女性

ある程度の規模の会社ともなると、年度末から次年度の初めにかけて決算業務で繁忙となるほか、年明けからは中期経営計画といった業務で多忙になります。そんな業務となる社員に対して少しでも負荷を軽減したいというのであれば、マンスリーマンションを検討してみては如何でしょうか?遠方から公共交通機関やマイカー通勤する社員ともなると、繁忙期にはリスク管理が重要になります。
公共交通機関の運行停止により出社もしくは帰宅不能になることは冬季から春季にかけて多々あります。しかし、マンスリーマンションは最低7日から利用することができ、遠方から通勤する社員の負担軽減そして移動リスクの軽減を図ることができます。マンスリーマンションは、ホテルや旅館よりも利用料金が安く、業務繁忙期に退社時間が遅くなる社員も気兼ねなく利用することができます。
マンスリーマンションを専門に扱う不動産業者へ相談すれば、法人契約を行うことができ、利用料金の請求も会社に一括して行うことができます。また、期間限定で利用料金の割引が最大50%適用されるケースもあり、ビジネスホテルに滞在してもらうよりも安い費用となるため会社の負担が軽減されるなどのメリットもあります。先ずは、業務繁忙の社員に何とか対応したいならマンスリーマンションを検討しましょう。

notice