HOME

企業の福利厚生として寮を完備するならマンスリーマンションで!

部屋

企業において社員に対する福利厚生として、社員寮を完備することは少なくはありません。しかし、社員寮を自前で所有している際に問題となるのが、利用者の減少であり空室が増えた際には維持費用が会社業績に影響してしまいます。そこで利用者の変動がある社員寮はマンスリーマンションにしてみてはいかがでしょうか?
マンスリーマンションなら必要に応じて部屋数を増減することができます。電気水道ガス、そしてインターネット完備とした際でも利用料金をひとまとめにできるのもマンスリーマンションのメリットです。自社所有の社員寮の場合、固定資産税が発生するもののマンスリーマンションの場合、固定資産税の発生がなくなるため経費削減効果は大きくなります。
また、自社所有の社員寮の場合、入居者に限界があるものの、マンスリーマンションなら不動産業者へ相談することでさまざまな物件を契約することができます。社員に対する福利厚生を充実させ、若い社員の負担を軽減したいものの、社員寮に入居できないことが多いというのであればマンスリーマンションを検討してみてください。年齢制限や結婚や転勤などのより退去する場合でも、利用した日数に応じて料金が請求され、空室のまま翌年度まで放置するといったこともなくなります。

notice